IK Multimedia iRig Blueboardの勝手app for Macを制作する その3

IK Multimedia iRig Blueboardの勝手app for Macを制作すると意気込んで、頑張っているもののなかなか進みません。
…とは言っても、まだ3日目。

本日は、GUI部分を少し作ってみます。
IK Multimedia本体のサイトから入手した画像を加工して、NSButtonの画像にしてみました。

iRig BlueBorad Test
iRig BlueBorad Test

コーディングしていた時間よりも、Photoshopをいじっていた時間の方が長かった…そんな感じです。
InterfaceBuilderでviewにただの背景画像を貼り付ける方法がわからなかったので、AppDelegate.mのapplicationDidFinishLaunchingにて直接NSImageを描画させてしまっているという体たらくっぷりです。
逆にInterfaceBuilderを使用しないで、UIコンポーネントは全てソースに記述したら硬派だったかもしれないとか考えたりしますが、しばらくはベストプラクティスを模索しつつ、色々やってみます。

アプリを立ち上げると、DAW等のMIDI INにiRig BlueBoardが出現します。
フットスイッチを押すと青く光ります。

…現バージョンでは、これ以上は何も起こりません。

↓ iRig BlueBoard Test 1.appダウンロード
iRig BlueBoard Test 1

次はフットスイッチ毎の設定部分を作ろうかと考えております。

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>